避妊薬について

避妊薬の種類

避妊薬の種類

日本では、避妊と言えばコンドームが一般的です。コンビニで安く簡単に購入できたり、性感染症の予防にも役立ったりとメリットも多いのですが、実は避妊率はそれほど高くなく、80%前後と言われています。破れたり途中でずれてしまったりと失敗する事も多いのが現状です。また、妊娠するのは女性でありながら、男性任せになってしまうのも心配な事です。

コンドームが避妊方法としてメインにされているのは、実は世界的に見るとかなり珍しく、先進国の女性は低用量ピルを服用している方が多く、女性が主体となった避妊が主流です。日本でも男女平等と言われて久しいですが、「妊娠した以上は産むべきだ」という考えも多く、中絶に対しても否定的な意見が多いのが現状です。フランスでは「中絶は女性の権利として認められる」という考えが圧倒的で、避妊に関する考え方は、日本は圧倒的に遅れていると言わざるをえません。

中絶、望まない妊娠となってしまったら、当然ながら女性の心も体も大きく傷ついてしまい、一生を左右します。そうならない為に、避妊について女性ならば詳しく知っておく必要があります。男性任せにせず、自分で積極的に避妊し、あとで後悔をしないようにする事が大切です。避妊薬は、大きく分けてふたつあり、アフターピルと低用量ピルがあります。

アフターピル

アフターピル

アフターピルは、緊急避妊薬とも呼ばれています。避妊に失敗してしまったり、万が一性犯罪に巻き込まれてしまった場合、文字通り事後に服用する事で妊娠を防ぐ事ができます。アフターピルを知っているのと知らないのとでは、その後の人生も大きく変わってしまう可能性があります。

72時間以内の服用で75%、24時間以内に服用すれば95%の高い避妊効果があり、早く飲めば飲むほど効果が高まります。効果が強力な薬ですが、その分体への負担も大きいとされています。あくまでも緊急用の薬と認識し、日常的に服用するのはさけましょう。それ以外にも服用の注意点がありますので、いざという時に慌てないように事前に知っておく事が大切です。

アフターピルは保険適用外になるので、病院で処方してもらうと10000~15000円する大変高額な薬です。いくら緊急事態でも簡単に出せる金額ではありません。病院で処方されるのはノルレボという薬が主流ですが、このノルレボにはアイピルというジェネリックがあります。アイピルは1錠1000円程度で購入する事ができます。ただし通販でしか購入ができません。

アフターピルは早めに飲む事が何よりも大切になるので、通販で安く購入し、いざという時に慌てないためにいつでも飲めるように常備しておく事が大切です。

低用量ピル

低用量ピル

アフターピルは常用するのはお勧めできませんが、日常的に避妊したいという方にお勧めなのが低用量ピルです。服用方法は毎日同じ時間に服用するだけで、ほぼ100%の避妊効果があります。日本では殆ど普及していませんが、欧米の女性は半数以上が服用していて、イギリスなどでは10代のうちから母親などから教えられる事が殆どです。

日本では、太る、副作用が大きいなどという誤解が多いのですが、これは用量の多い中用量ピルの事を指しているケースが多く、それが広まってしまったものだと考えられています。低用量ピルはホルモン量も抑えられている為、太ったり副作用も殆どなく、大変安全な薬です。服用すると妊娠しにくくなるという誤解も多いのですが、これはむしろ逆で、若いうちから服用していると、いざ妊娠したいと思った時に妊娠し易い体作りになります。今は妊娠したくないけれど、いずれは妊娠したいと思っている方にもお勧めです。

また、低用量ピルは避妊以外にも様々な効果があり、月経痛や月経不順の緩和、ニキビの改善、更年期障害の改善、女性特有のガンの予防、リウマチの予防、骨粗鬆症の予防、多毛症の改善など効果があります。月経周期をコントロールする事もでき、旅行などでずらしたい時などにも利用できます。

避妊薬について

低用量ピルはいくつかの種類にわかれています。第1世代、第2世代、第3世代と、1相性、1相性、3相性に分類されます。効果や副作用などは個人差がありますので、色々試してみてご自分にあっているものを探してみましょう。安全性の高い低用量ピルですが、病気などによって服用できない場合もあります。注意点も必ず確認しておきましょう。様々な種類がある低用量ピルですが、特に人気のものはトリキュラーとマーベロンです。
トリキュラー…日本の産婦人科で最も処方される事が多い薬です。体への負担も殆どなく、安心して服用できます。初めてピルを飲む方にもお勧めです。

マーベロン…マーベロンも日本の産婦人科で処方される事が多いピルです。バストアップやニキビ改善の効果が高いと言われています。

忙しい現代女性は、病院に行く時間がなかなかないという方も多いと思います。また、産婦人科は行きにくいという方もいらっしゃると思います。通販ならアフターピルも低用量ピルも、誰にも会わずにいつでも簡単に購入でき、家まで届けてくれます。薬代も病院よりも安く、勿論診察料などもかかりません。ジェネリックも多数扱っており、さらにまとめて購入すればさらに安くなる事も多いので、安く簡単に購入したいという方は、通販で購入するのがお勧めです。

アフターピルのアイピル