アフターピルとは

アフターピルとは

アフターピルの効果

日本で一般的な避妊方法であるコンドームは、実は避妊率が80%程度と言われていて、決して確実とは言えません。破れてしまったり外れてしまったりして失敗する事は意外にも多くあります。また、性犯罪に遭ってしまうというケースもありえます。そうなってしまったら、何もせずに月経がくるのを怯えて待つしかないのでしょうか?

日本では認知度が低いのですが、そのような時のための避妊薬があります。それがアフターピル、もしくは緊急避妊薬と呼ばれている避妊薬です。文字通り事後に服用すれば避妊を防ぐ事が出来ます。高い避妊率があり、72時間以内に1度服用するだけで済む薬ですが、早く飲めば飲むほど効果は高くなり、24時間以内に服用すれば95%の避妊効果があるとされています。主成分はレボノルゲストレルで、精子を受精させない効果があります。

避妊に成功すれば、服用してから3日から3週間程度で出血があると言われています。これは月経周期があるので、個人差があるためです。このアフターピルの存在を知っているかどうかでは、人生を大きく変えてしまう事にもなりかねません。中絶や望まない妊娠となっては、女性の心も体も傷ついてしまいます。

アフターピルとは

女性ならば、いつ何があるか分かりません。万が一に備えて常備する事が大切なのですが、日本では保険適用外の為、1錠10000円以上する高額な薬です。いくら緊急事態でも、かなり痛い出費になってしまいます。病院ではノルレボというアフターピルが処方されるのが主流です。このノルレボにはアイピルというジェネリックがあります。成分や効果、副作用は同じですが、価格は約1000円と10分の1程度の安さで日本でも人気になっています。ただし国内では販売されていないので、購入には通販を利用しましょう。

常備しておけば、万が一の時にいち早く服用する事ができ、その分避妊率も高まります。女性ならお守り替わりに常備しておきましょう。自分の身は自分で守る事が大切です。

アフターピルの種類

アフターピルには2種類あります。ヤッペ法(プラノバール錠)とLNG法(ノルレボ錠)です。近年ではLNG法が主流で、お得なジェネリック医薬品もあります。

ヤッペ法

「プラノバール錠」という薬です。最初に2錠、さらに12時間後に2錠服用する必要があります。ですが、2回目の服用を副作用で眠ってしまったり、飲み損ねてしまったりという事も多くありました。さらに副作用が強く、特に吐き気がひどいと言われているのですが、吐いてしまうと薬も吸収されていない可能性があるため、さらに追加で飲む必要がありました。以上のように、使い勝手はやや悪い薬であると言えます。

LNG法

「ノルレボ錠」という薬です。最近は病院でもこちらを用いられる事が殆どです。服用は1度だけで済み、副作用も格段に少なくなっています。殆ど感じない方も多い安全な薬です。また、ノルレボ錠にアイピルというジェネリック医薬品があります。成分、副作用などはノルレボと同じですが、ノルレボが1錠10000円以上するのに対し、アイピルは10分の1の約1000円と大変お得です。

アイピルは通販で簡単に購入する事ができますが、届くまでに10日ほどかかりますので、万が一の時のためにあらかじめ購入しておいて常備しておく事が大切です。避妊率は大変高いものの、100%ではありません。また、あくまでも緊急用の薬です。体に負担をかけますので、毎日飲むなど常用は避けましょう。服用の際に注意すべき点もありますので、服用する前に確認しておきましょう。日常的に避妊薬で避妊をしたい場合は、毎日服用すればほぼ100%避妊できるトリキュラーマーベロンなどの低用量ピルがお勧めです。

アフターピルの注意点

アフターピルの注意点

アフターピルは、高い避妊効果がありますが、効果が高い分、服用には注意しなくてはいけない点がいくつかあります。

常用はしない

ホルモン量が多い為、体に負担がかかる為、常用する薬ではありません。あくまでも緊急用の薬と認識しましょう。避妊薬で日常的に避妊をしたい方は、低用量ピルを服用しましょう。

副作用

アイピルなどは副作用は少ないとされていますが、吐き気、腹痛、頭痛、倦怠感、めまいなどがあります。特に吐き気がある場合がありますが、もしも服用してから2時間以内に吐いてしまった場合、薬も吸収されていない可能性がある為、再度服用する必要があります。吐かない為には、食後や空腹時は避ける、お酒を飲まないなど気をつけましょう。市販の吐き気止めを服用しても構いません。

服用出来ない方

服用出来ない方

妊娠中の方、高血圧や糖尿病の方、偏頭痛の方、子宮体がんの方、肥満の方、手術後もしくは手術を予定している方は服用出来ません。このような方は一度病院で検査をしてもらってから服用しましょう。中には死亡してしまった例もある為、じゅうぶん気をつけましょう。

煙草に注意

ピルと煙草は相性がよくありません。ピルは血液を固まらせ易くする作用があり、血栓が発生し易くなります。その為、心臓、循環器系に悪影響になる危険があります。服用した後は煙草は控えましょう。また、35歳以上で1日15本以上煙草を吸う方は服用が出来ません。

100%ではない

アフターピルは高い避妊効果がありますが、100%ではありません。失敗してしまう可能性もあります。一般的に服用してから3日から3週間で出血があれば避妊が出来ていると言われていますが、他の理由の出血である可能性も考えられます。避妊出来たかどうかを調べたい場合は、妊娠検査薬を利用しましょう。アフターピルは通販で購入出来ますが、妊娠検査薬も通販で購入出来ます。自分で5分程度で簡単に検査をする事が出来ます。検査薬も一緒に購入しておけば安心です。

常備すべき理由

常備すべき理由

アフターピルは、避妊に失敗してしまったり性犯罪に遭ってしまった時に事後に服用する避妊薬です。24時間以内に服用すれば約95%という避妊効果があると言われていて、早く飲むほど効果が高まります。最も大切な事は、少しでも早く飲む事です。72時間以内であれば避妊効果があるとされていますが、時間が経つほど確率は下がり、36時間から72時間になると80%程度まで下がってしまいます。

一般的には病院で処方してもらう事になるのですが、病院が休みだった、どうしても行けない、遠方のため時間がかかるなどは大いにありえます。また病院に着いてからも、待ち時間、診察、処方されるまでと時間がかかり、それに比例して避妊率も低下していってしまいます。
そうならない為に、できれば万が一に備えて、すぐに飲めるように常備しておきたい薬です。

ですが、アフターピルは保険適用外となるので、1錠10000円以上する高額な薬です。必要になるかどうかわからない薬に出すには躊躇する金額です。しかも、病院ではその時に必要だと判断されないと処方してもらえません。ですから常備薬として購入する事は事実上不可能なのです。

常備すべき理由

それでは常備するのは無理なのかと言うと、通販で購入するという方法があります。しかも通販なら上記の2つの問題点を両方解決してくれます。通販であれば常備薬としてある程度まとめて購入する事が出来る上、病院で処方されるアフターピルのノルレボのジェネリックであるアイピルが購入できます。このアイピルは、10分の1の価格の約1000円で購入する事ができます。10000円はさすがに簡単に出せる金額ではありませんが、1000円程度なら、もしもの時のための安全を買ったと思えば安いものではないでしょうか?

女性であればいつ何があるかわかりません。そんな時にも手元にあればすぐに服用する事ができ、かなりの確率で避妊をする事ができます。防災用品のようなものだと考えましょう。望まない妊娠や中絶となってしまったら、心にも体にも一生傷が残ってしまいます。そうならない為に、自分の身を守る意味で常備しておく事が大切です。

アフターピルのアイピル