ジェネリックとは

ジェネリックとは

ジェネリックは最近は薬局などでもよく目にするようになりましたが、どのような薬がご存知でしょうか?「安いのは知ってるけど、安全性や効果はどうなの?」とお思いの方も多いかもしれません。

そもそも、ジェネリックがどういう薬かというと、新薬の特許が切れてから他のメーカーから販売される薬の事を言います。医薬品には先発薬とジェネリックと呼ばれる後発薬の2種類があります。新しい薬の開発には莫大な費用と時間がかかります。ですがすぐに他のメーカーに同じような薬を販売されては、先に開発したメーカーは利益を十分に得る事ができず、新しい薬を開発しようとしなくなってしまう事が懸念されます。その為、薬には特許というものがあり、約20年は他のメーカーは同じ薬を作る事ができません。この間、新薬を開発したメーカーはその薬の利益を独占できます。

ジェネリックとは

特許が切れてから他のメーカーから販売されたジェネリックは、もともとある成分なので試験などにも時間や費用がかからない為、2から7割の価格で販売する事が出来ます。安全性ですが、薬の成分や効果などは新薬と同じでなければならず、国の厳しい審査があります。ですから、販売されているジェネリックの安全性は、新薬とほぼ同じと言えます。味や形などは変更しても良いとされている為、飲み易く改良されているケースも多くあります。

殆どの国はこのような制度になっていますが、インドなどは法律が異なり、新薬が販売されたばかりでもジェネリックが販売できる為、日本ではまだ特許が切れていない新薬のジェネリックが販売されています。インドはジェネリック大国とも呼ばれ、品質は世界でもトップクラスで、大手のメーカーが多くあります。インドのジェネリックは発展途上国などで大変重宝されています。

たとえばアフターピルのノルレボは日本では10000~16000円もしますが、ジェネリックのアイピル約1000円とかなり格安です。ただし日本で販売はされていない為、購入するには通販で購入しましょう。避妊薬以外にも様々な薬を取り扱っています。

アフターピルのアイピル