低用量ピルとは

低用量ピルとは

低用量ピルの効果

低用量ピルは、毎日決めた時間に服用すれば、100%に近い確率で避妊ができる避妊薬です。日本ではあまり普及していませんが、欧米では半数以上の女性が服用していて、かなり一般的な避妊方法です。女子は10代のうちから母親などから教えられるケースが多く、殆どの女性はピルに対する正しい知識を持っています。妊娠するのは女性ですが、コンドームの場合は男性任せとなってしまいます。そうではなく、女性が主体となって、積極的に避妊をする事が大切です。

ピルに関して、日本では副作用が強い、太り易くなるなどの誤解が多いのですが、これらは中用量ピルと混同されている為だと考えられています。中用量ピルは確かに副作用も強く、体への負担が大きいのですが、低用量ピルは副作用も殆どなく、特に最近のものは改良されているので太ってしまうという事も殆どありません。

低用量ピルとは

避妊以外にも、月経痛の緩和、月経周期の安定、美肌、ニキビの改善、子宮体ガンの予防など様々な効果があります。なお、服用すると妊娠し難くなると誤解している方が多いのですが、これはむしろ逆で、矛盾に感じるかもしれませんが、服用すれば卵巣を休ませるので、いざ妊娠したいと思った時に妊娠し易い体を作る事にもつながります。その為、不妊治療に利用される事もあります。このように、女性にはメリットがたくさんあるのが特徴です。

安全性が高い薬ですが、いくつか注意点もありますので、服用する前に確認しましょう。特にピルは、毎日決めた時間に服用するという事が最も重要です。服用方法は必ず守るようにしましょう。ピルには様々な種類があり、どれが合うかや副作用の出方などには個人差がある為、色々と試してご自分に合っているものを探すのもお勧めです。

トリキュラーマーベロンなどが人気で、国内の産婦人科でも多く処方されています。低用量ピルは基本的には処方してもらう事になりますが、通販でも購入する事が出来ます。産婦人科よりも安くなる事が多く、通院する手間もありません。また、通販ではジェネリックも数多く販売されてるので、低用量ピルは、安く簡単に通販での購入がお勧めです。

低用量ピルの種類

低用量ピルの種類

低用量ピルには非常に様々な種類があり、大きくわけて、「世代」と「相性」で分類されます。

世代

「第1世代」「第2世代」「第3世代」「第4世代」の4つに分類されます。これはピルは含まれる黄体ホルモン成分によって異なります。
・第1世代はノルエチステロンというホルモン剤を使用しています。ホルモンが多めですが、男性化症状が少なく、マイルドと言われていて、実績の長く、信頼度も高いピルです。
・第2世代はレボノルゲストレルを使用しています。ホルモン量も抑えられていて効き目がある画期的な薬です。不正出血も少なく、人気です。男性化症状が強いと言われていますが、段階的にホルモン量を変化させる事で極力抑える工夫がされています。トリキュラーなどが人気で、40%の方が服用しているとされています。
・第3世代はデソゲストレルとゲストデンを使用しています。男性化症状も少なく、ニキビ改善効果が高いとされています。マーベロンなどが有名です。
・第4世代はドロスピレノンを使用しています。超低用量ピルという言い方もされ、ニキビの発生率や体重変化が少ないと言われています。従来のピルが合わない方に処方される事も多いようです。

相性

相性

「1相性」「2相性」「3相性」の3つに分類されます。これは、一周期中に含まれているホルモン量の変化によって分類されます。
・1相性は、21錠の成分がすべて同じものです。全て同じ錠剤になるので飲み間違いの心配もなく、月経の調整にも便利だと言われています。特にアメリカなどではベテランの方に人気のようです。ただしホルモン量が多いので、不正出血など副作用が出易い場合もあります。マーベロンは1相性にあたります。
・2相性は、2段階にホルモン成分が変化します。1相性よりも自然の変化に近いとされていて、副作用も少ないとされています。
・3相性は3段階に変化します。2相性よりもさらに自然に近い変化になります。ただしピルによって変化のさせ方が異なるので、どれが合うかは個人差があります。また、錠剤の種類が異なるため、飲む順番を気をつける必要があります。副作用も起こり難く、体への負担も少ないです。トリキュラーは3相性にあたります。

低用量ピルは通販で購入する事ができます。ジェネリックも豊富なので、ご自分に合っているものを探しましょう。わざわざ通院する手間もないので大変便利な購入方法です。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルの飲み方

低用量ピルは、100%に近い避妊ができる避妊薬です。日本ではあまり普及していませんが、特に欧米の女性では利用している方が多く、女性が自主的に避妊できる事や、避妊以外にも様々な効果があり、女性にとって強い味方です。避妊効果を得るには、正しく服用する事が最も重要です。

服用を開始する日

月経が始まった1日目から開始します。初日から飲み始めれば、その日から効果を得られます。月経が始まってから2日目から7日目に始めた場合、そのまま続ければ2週間後から効果を得られます。8日目を過ぎていたら次の月経を待つようにしましょう。

21錠と28錠

低用量ピルは21錠と28錠のものがありますが、これは薬の服用を休む休薬期間がある為です。28日で1周期ですので本来は21錠ですが、何日休んだか忘れてしまうのを防ぐために、この休薬期間も偽薬を服用します。偽薬なので薬の成分は含まれていません。忘れやすい方は28錠タイプがお勧めです。

飲み忘れてしまったら

飲み忘れてしまったら

毎日同じ時刻に飲む事が最も大切ですが、もしも忘れてしまった場合、24時間以内であれば気付いた時点ですぐに服用し、その日の分もいつもと同じ時刻に服用します。予定の時刻に前日の飲み忘れに気づいた場合には、まとめて2錠服用します。ただし、21錠目の飲み忘れを12時間から24時間以内に気づいた場合、その分は飲まずに1日早く休薬に入ります。忘れたのが12時間から24時間であれば、すぐに飲んでいれば効果はほぼかわりません。ただし心配な場合は2週間は他の避妊方法をとりましょう。

24時間以上忘れてしまった場合は、服用を中断します。効果はなくなってしまうので、他の避妊方法をとらなくてはなりません。そして次の月経がきたらまた1錠目から開始します。月経の1日目からまた服用すれば、その日から効果が得られます。飲み忘れない為に、起床後、寝る前、食後など時刻を決めておいたり目につく場所に置く、携帯電話のアラームを鳴らすなど工夫しましょう。

マーベロンやトリキュラーなどが人気で、国内の病院で処方される機会も多い薬です。今は病院に行かずに通販で購入出来ますし、通販の方が安い事が多いので、安く簡単に購入したい方は是非利用してみましょう。

低用量ピルの注意点

低用量ピルの注意点

低用量ピルは、副作用なども殆どなく、安全な避妊薬と言われています。ただし服用にはいくつか注意点があります。

毎日同じ時間に飲む

低用量ピルは毎日同じ時間に飲む事が大切です。正しく服用すればほぼ100%の避妊効果があります。また、用法用量は必ず守るようにしましょう。

副作用

不正出血、吐き気、乳房痛、乳房の緊満感頭などがあります。飲み続ければ2、3ヶ月で体が慣れ、治まると言われていますが、ひどい場合は医師に相談するか、他のピルに変更しましょう。ちなみに太るという事がよく言われていますが、最近のピルは改良されている為、そのような事は殆どないとされています。

併用禁忌薬

併用禁忌薬

副腎皮質ホルモン、テトラサイクリン系、ペニシリン系抗生物質、血糖降下剤、抗てんかん剤
以上の薬とは併用ができませんので注意しましょう。

服用できない方

糖尿病・高脂血症の方、エストロゲン依存性腫瘍や子宮頸癌のある方、妊娠中・妊娠の疑いがある方・授乳中の方、肺塞栓症・脳血管障害・冠動脈疾患者・血栓性静脈炎の方、血栓症・心筋梗塞の経験がある方、重篤な肝障害、肝腫瘍のある患者、重い高血圧のある方
以上の方は服用できないとされています。心配な方は事前に医師に相談しましょう。

煙草

煙草を吸う方がピルを飲むと、血栓症や心筋梗塞にかかる危険性が高まると言われています。喫煙者の方は事前に医師に相談しましょう。また、35歳以上で1日15本以上煙草を吸う方は服用できないとされています。

下痢や嘔吐

下痢や嘔吐をしてしまった場合は避妊の効果がなくなる可能性もあるので、続くようなら他の避妊方法を併用しましょう。

定期検査

定期検査

服用するには血液検査は必須ではありませんが、できれば半年から1年ごとに定期検査をするのが望ましいとされています。ごくまれに血栓症などの危険もある為です。

性感染症予防にはならない

性感染症の予防効果はありません。予防したい場合は、コンドームなどを利用しましょう。

避妊以外の効果

避妊以外の効果

トリキュラー、マーベロンなどの低用量ピルは、毎日同じ時間に服用すればほぼ100%の避妊効果のある避妊薬ですが、実は避妊以外にも女性に嬉しい効果がたくさんあります。

月経痛の緩和

月経痛の緩和のために低用量ピルを処方される事は非常に多いです。子宮収縮が抑えられる為、痛みを軽減させる事ができます。

月経不順の改善

月経の周期を28日に整える事ができます。月経の日がわかれば、それに合わせて予定なども立てやすくなります。

月経前症候群の軽減

月経前のイライラ、落ち込み、腹痛、頭痛など、精神的肉体的両方の症状を軽減してくれます。

月経過多の軽減

月経過多の軽減

子宮内膜の増殖が抑えられ、出血も軽減し、貧血などがある場合も改善されます。

子宮内膜症の進行を予防

ピルを飲むと子宮内膜症になりにくくなるという報告もあります。既に子宮内膜症にかかっている場合は、内膜症の進行を予防する効果が期待出来ます。

不妊症の予防

ピルで卵子の老化を防ぐ事は出来ませんが、無駄な排卵を抑制する事で卵巣の老化のスピードを遅くする事が出来ます。不妊症の治療に処方される事も多いです。

高齢出産も可能に

年齢があがるほど自然妊娠は難しくなると言われていますが、20代のうちからピルを服用していると卵巣を休ませるなどの効果がある為、35歳以上でも自然妊娠の確率が上がると言われています。

子宮体ガン・卵巣ガンの予防

排卵が抑制されている為、卵巣に傷が出来にくかったり、ピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を保護するとされています。

ニキビや多毛症の改善

ニキビや多毛症の改善

ピルに含まれる女性ホルモンが、ニキビや多毛症の原因となる男性ホルモンのはたらきを抑え、これらを改善します。美肌やバストアップなどの効果もあるとされていて、より女性らしい体つきになれるとされています。

更年期障害の改善

更年期障害は女性ホルモンの分泌が減少する事によって起こりますが、ホルモン補充療法を行うほどでない場合などに処方されます。低用量ピルは配合されているホルモン量が少ない為、副作用も少なく安全です。